ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

2004-06-21から1日間の記事一覧

そういえば

先週の土曜日、ミステリー研究会が活動を開始した。結局、設立の時には僕が顧問名を書いたのだけれど、いろいろと手を広げていることを考慮してもらったのか、顧問は文芸研究会の顧問もしているM先生がしてくださることになった。まあ、活動に顔を出さない…

口ずさんではいけない

今日の夕飯は質素。畑で取ってきた茄子と豆腐でみそ汁。取ってきたピーマンにキャベツと豚肉で野菜炒め。そんなものを作りながら、芝居の演出について考えていた。オープニングをどうするか。去年はオープニングダンスを入れることで、一気に観客のハートを…

さて、これから。

昨日は中高とも全国大会出場ならずという残念な結果に終わりました。中学生に「2日間戦ってみてどうだった?」と聞いたところ、「まだ早すぎた、という感じですね。」という返事が返ってきました。これは妥当な意見だと思います。なんと言っても、大会が初…

天下一武道会じゃないけど

決勝戦のあと、会場で市野君とか小山君とか久保君が話しているところに行った。 小山君、久保君が瀬能さんと話している。ツーコンがなんだかんだと面白そうなことを話してる。 僕に気がついたら、久保君が今考えている企画の話をしてくれた。いつもはジャッ…

決勝戦の印象

今年の関東甲信越大会は、13日、20日とも創価高校を会場として行われた。 創価高校雄弁会の皆さんが運営で走り回ってくれたおかげで試合だけに集中することができた。 その中でも決勝戦についてちょっとコメント。 創価雄弁会の高3に演劇部にも所属して…

収穫

久しぶりに畑に出る。 3月に行って以来だろうか。ここのところ、家族に任せっきりで全然顔を出していなかった。 「そろそろ茄子とピーマンがなっているはずだから」 というので、台風の雨がくる前に収穫しようと6時過ぎに出かけた。 しばらく放っておいた…