ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

あゆみ

『あゆみ』に対する勝手な妄想

都大会で観た田無第四中学校の『あゆみ』(柴幸男作)。素晴らしかった。涙があふれて止まらなかった。平凡な毎日へのいとおしさ。それを強く感じる芝居だった。 それだけに「平均からこぼれ落ちる者たち」を強く意識してしまった。人が一生に歩む歩数。平均…