ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

天気晴れ

NHKの「マリコ」を見た。日米界戦前夜、日米和平交渉に奔走した外交官と、その家族の実話ドラマだった。「戦争は絶対に避けなければならない」彼はそう叫んだ。
今、又、その叫びを繰り返さなければならないのだろうか。
「戦争は絶対に避けなければならない」
そう大声で叫ばなければならないのだろうか。
今日という日を、政治家はどう受け取ったのだろう。もはや、アメリカ追従の姿勢は改められなければならない。日本んを平和の砦としなければ。俺たちが変わらなければ。しっかりと足場を固め、学ばなければ。平和を保つ方法を。そしてそれを教える方法を。