ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

日誌

1時から稽古。
チャペルで記念祭組を通す。セリフの意味が伝わってこない。
何を話しているのかがわからない。
第1集会室に移ってもう一回通す。
もう一週間しかないのに、まだセリフを思い出しながらやっている。だから間が抜ける。
部分部分はけっこうでき上がっているのだけれど、まだ劇としての統一感が出てこない。
明日一日、それぞれがどういう自主練を積んでくるかが問題かな。
結局コンピュータ用の机は全部どけることにする。
ホリ制作班がぎりぎりの時間まで粘って完成させる。
すんばらしい!
これでますます小劇場風になってきたぞ。