ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

日誌

朝からパネルの補強と、照明吊り。
風邪がまん延している。とくに職員室。
部員達は腰痛持ちが多いかな。
教壇を12個並べ、シートをかけて舞台の完成。
しかし、である。
ホリゾントに当てるライトの角度が足りない。ホリ幕と舞台の間の距離が短すぎた。
みんなで動かすが、シートが波打つ。明日直さなくちゃ。
とりあえず、そのままで記念祭組を通す。
意地は見せてくれたね。
チビチカ、良くなってきた。やっと周りを見て芝居をする余裕が出てきた。
キャッチボールのシーン、いい表情してたよ。
アントワネット、ちょっと動きすぎのところがあるから、もう少し動きを整理しましょう。
明日は記念式の後、記念祭組、中央大会組、両方を通す。
今日は体調ぼろぼろだったけど、芝居を観て、笑って、少し元気が出てきた。ありがとう。