ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

常山紀談

このところ、『常山紀談』を再読している。
おもしろい。戦国武将のエピソードが簡潔にまとめられている。
しかし、あまりに簡潔すぎて、何が言いたいのかわからないものもあったりする。
「尼子十勇士」の名前が書かれているのなんか、まさにそう。
「山中鹿之介」は有名だから知ってたけどさ、後の九人の名前がふざけてんだよね。
藪原茨之介
五月苗之介
上田稲葉之介
尤(もっとも)道理之介
早川鮎之介
川岸柳之介
井筒女之介
阿波鳴戸之介
破骨(やれぼね)障子之介
本当に実在したのかいな、ってな感じの名前だよな。
でも「山中鹿之介」も考えてみれば、ふざけている名前だし。
うーむ。