ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

『乞う人』

 これはけっこうおもしろい。オニールの芝居に似た感じがする。「楡の木陰の欲望」とか「夜への長い旅路」を連想した。主人公の詩人の両親が亡くなる場面、いい。飛行士が何人も出てきてセリフの掛け合いをするところは、エチュードなんかでやってもおもしろいかも。印象的なセリフがおおい作品だ。