ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

『誤解』A・カミュ作

近ごろはセイン・カミュの方が有名だけれどね。
 マルタとマリヤという名前を聞くと、聖書に出てくるラザロの姉妹の二人を連想する。客人の応対に心を奪われた働き者の姉と、イエスのみ言葉に聞き入った妹という対比。
 ここでのマルタはやはり心を閉ざし、自分の仕事の遂行のみに心を奪われている。
 マリヤは夫への愛に生きている。
 そしてマルタの兄、ジャンは二十年ぶりに戻った家で、マルタと母に肉親だと気付いてもらえずに殺されてしまう。
 自分が自分であることとは、どうやって証明されるのか、を確かに考えさせられる。最後のシーンでマリヤが助けを求めた老召使いが「いいえ!」と拒否するところがすごく印象的。
 こういう悲劇って心魅かれる。