ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

「芝居」ベケット作

これはまた風変わりな戯曲。
 最後まで行くと、また最初に戻ってしまう。壺から顔だけ出した3人の登場人物というのも面白い。これは不条理だけど、意味はよくわかる。
 帰宅すると、昨日20個のリンゴを煮て作ったジャムを入れたアップルパイがおやつで出てきた。
 明日は久しぶりの授業。授業になるといいが。
 そして明日から夏時間に戻る。部活の時間が30分長くなる。
 さあて、セリフは入ったかな?