ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

『殺戮ゲーム』イヨネスコ作

鳥インフルエンザが変異して人に伝染した場合、億単位で人が死ぬ危険性があるという。そういう時代背景でこの殺戮ゲームを読むと、背筋が寒くなる。多くの伝染病を駆逐し、自分たちが伝染病で死ぬことなどないと信じきっている現代日本の我々に、このドラマが突きつけてくる「死」というものは、あまりにも強烈だ。
 終盤の老夫婦の会話がせつない。