ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

「ベアトリーチェ・チェンチ」アルベルト・モラヴィア作

これぞ悲劇、って感じの戯曲。構成が見事だね。王道を行っているという感じ。
 [戯曲]「罪なき告発」のマルタとイレーネの母娘の対立も面白いけれど、こちらの父娘の対立も面白い。
 ベアトリーチェの毅然とした姿に魅せられる。こういう役ができる俳優って、日本だったら、誰だろう。