ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

ちょこちょこっと

東北学院高校の名越先生からメールが来る。
 ディベート部のサイトを制作中だそうで、そのコンテンツに関しての問合わせ。
 また今年も名越さんが八面六臂の活躍で、東北地区を引っぱっていくのだろう。
 鶴田先生から、山梨で行われたディベート大会の結果が送られてくる。駿台甲府、甲陵高校のおなじみの学校のほかに、市川高校も参加したそうだ。参加予定の吉田高校は残念ながら不参加だったとのこと。
 山梨勢も、昨年の雪辱を期しているに違いない。
 うちは山梨に負けた年は全国へいけないから、今年も要注意。
 春季大会の要項が出来たので、支部のサイトにアップする。
 申込書もワードとPDFと両方造ってアップする。
 各都県の教育委員会への公演申請も行わなければ。だんだん忙しくなってくるな。