ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

{debate}明日部内戦

昨日の南風の影響で、朝はとても暖かい。
 学校へ来てメーラーを立ち上げたら、NADE情報局が来ている。
 去年のディベート甲子園の特集だ。
 2003年ディベート甲子園特集
 それぞれの学校の感想も良かった。去年の熱戦を思いだした。
 惜しむらくは年内に発行してほしかったなあ、ということ。まあ諸般の事情があったのでありましょう。
 
 記事の中では「ジャッジの眼」の渡辺徹さんの論考がよかった。
 
 「社会の眼」から議論を考える
 
 これはどんな論題の時にも考えておくべき重要なポイントだな。
 部活停止が解けたので、今日は明日の部内戦に向けて準備をする。
 みんなけっこうプレッシャーがかかっているみたい。