ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

明日からテスト一週間前

ということで、テスト作成に励んでおります。
 テストが好き、という変な人間なので、つい凝りすぎて、採点の時に後悔したりする。
 ほどほどに、ほどほどに凝りつつ作成する。
 午後、生徒から借りた「オイル」を見る。
 一緒に見ていた連れ合いは、お気に召さなかったみたい。重い題材だもんね。野田さんらしい言葉のつむぎだし方だけど、野田さんの場合は、元ネタがあったほうがおもしろい気がする。
 松たか子さんって、けっこう想像していたより、はじけていた。