ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

見学希望者がまた一人!

今日は研究日だったのだが、永年勤続者表彰とやらで出かける本部にでかけるついでに、学校に寄った。

そうしたら、「明日のディベート部の部活、見学させて下さい」という高1が一人。

ということは、明日は4人来てくれることになる。

これはちょっとなんとかしないと。

部長に挨拶してもらって、その後、原発の準備をする人と、見学者に簡単にレクチャーをする人とに分かれたほうがいいかも。