ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

レクチャーをしました。

見学者が何人来てくれるかなあ、とドキドキしながら部活へ。

なんと、4人(うち付き添い1人)!

しかも、うち二人は中3。うれしいですねえ。

池田さんに許可をいただいて、シナリオ方式のディベートテキストを使ってディベートについて一通り体験してもらいました。

試合では、高2に審判に入ってもらいました。

4人ともとても熱心に聞いてくれて、とてもやりやすかったです。

高1の人は入ってくれそうな雰囲気。

中3は、とにかくまた遊びに来てくれるように言いました。

しかし、中学ディベート同好会復活へ、明りが見えてきましたねえ。うれしいかぎりです。