ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

土段場で粘る

今日は保護者会。

3時から4時までクラス懇談会を行う。

話を終え、個別にあいさつなどしていると、「義理の妹さんの同級生です。」なんて保護者の方がいる。
いやー、何ですか、時の流れというのを感じます。

3月に卒業させた生徒の妹がクラスにいる。そのお母さんから「「今、ここで」はやらないんですか」と言われる。
う、痛いところをつかれてしまった。
今年は国語表現を2クラス持っているので、かなりしんどいのです。高3の授業が終わったらですかねえ。

その前後にディベート部の活動の手伝い。

肯定側はプランが曖昧すぎるというので、いろいろな資料を見て、原発を廃止した場合の発電量をまかなえるのかを計算。

こういうとき、僕はじぇんじぇん役に立ちまっしぇん。

てなわけで、となりの理科のN野先生にいろいろと教えていただく。部員たちは副顧問になってくれと言う。 本当に。助かりました。

否定側は前回気になった重複した部分を整理するように指示する。

しかしなんだね、ギリギリになると途端に動きだすのが今年のチームの特徴だね。

読売新聞から要項が送られてくる。申し込みは月曜日から。

早いところ申し込んでデータベースを使わせてもらおう。