ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

Top of YOKOSUKA

高校の同窓会に出かけてきました。

5時半に学校を飛び出して京浜東北線に飛び乗り品川へ。品川で京浜急行に乗り換え。

久しぶりに快特に乗りました。相変わらずとばすなあ。このスピード感。横須賀に戻っていくという感じがします。

横須賀中央について、汐入に一駅逆戻り。

横須賀プリンスホテルなんてのができてたのね。GIクラブだっけ、GIジョーだっけ。なんかそういうものがあったところに建てたみたい。プリンスホテルって、のっぽに建てるというコンセプトがあるのかね。

5回の荒磯の間というのが同窓会会場。7時からを10分ほど過ぎてしまった。

部屋のドアを開けるとすでにみんな集まっている。

担任の山本先生がいらっしゃる。すぐに幹事の竹内君がやってきてくれる。男子はすぐに顔がわかるが、女子はなかなかわからない。

立食形式だと思っていたら、二つの丸テーブルに分かれて、着席で食事が出てくる形になっている。

今日集まったのは18人。

3年前には27人集まったのだそうだ。前回は参加できなかったので、本当に23年ぶりの人もいる。近くに座った男子の中で、藤原君の名前を間違えてしまった。初めて担任した生徒でよく似た子がいたので、その子の名前を言ってしまった。いかんいかん。

あんまり変わってないね、と言われる。

昔から老けてたからなあ。以前、高校の時の写真を生徒に見せたら、教師になってからの写真だと誤解されたことがあったっけ。

ほぼみんながそろったところで、近況報告をする。

聞いていると、ほとんどのみんなが、2人か3人の子持ちになっている。

桑原さんなんか、大学3年生の子供がいるという。いやあ、びっくり。

2時間歓談して、2次会は最上階のTop of YOKOSUKA に移動する。

山本先生をのぞく全員が参加。11時までまた旧交を温め、近況を報告しあったりする。

…僕としては、非常に困ったというか、古傷がいたいというか、いわゆる一つのブレイクハートですか、その相手が一人隔てた所に座っちゃったりなんかしたりして、ええと、どう声をかけていいものやら、悩みました。

23年も昔の話だから、もうすっかりおじさんになっているから、というのは関係ないもので、顔を見たら、やっぱりなんですか、やけどは治ったけれど、その後が引きつれてちょっとかゆいぞ、というかなんというか。

いっぺんトイレに立って、気合い入れて、挨拶しました。

挨拶したら、あとはなんか、ほっとしてね、そこはそれ、おじさんですから。

昔の話と笑い飛ばしましたが、でもね、あのころどんなことを思ったのか、いろいろと話してくれて、すんげー感動しました。

ああ、いい人好きになったなあ、なんてね。

今振り返ると、自分の気持ちには素直に行動していたけれど、自分の気持ちにばかりとらわれていて、そういうストレートな表現の仕方が、相手にとってどんな風に感じられるか、なんて考える余裕がなかったなあと。

まあ、そんなことを考えながら、ビールをついで頂いたりして、歓談しました。

残念だったのは、美術部の仲間が今年は参加してなかったことだな。

岩井君や工藤君も、次回は参加できるといいなあ。次回は4年後だそうですが。

11時にみんなと分かれて、一人、ベースの前を通り、シャッターがおりて、トンネルみたいな三笠通りを抜け、平坂を上って実家に帰りました。