ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

中3は元気。

今日も中学生の相手をする。

13日の試合を経験することで、いろいろと刺激になったようだ。

この場合はどう答えたらいいのか、という具体的な質問がいろいろと飛んでくる。

この場合はこんな風に答えればいい、ということを説明していく。いちいち感心してくれるので、教え甲斐がある。

一人一人が自分のポジションについて、実に熱心に準備をしている。

これなら江戸取相手でも、けっこういい試合を展開できるだろう。

高校は、滑舌をよくしたいというので、明日はその練習につきあうことにする。