ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

さて、これから。

昨日は中高とも全国大会出場ならずという残念な結果に終わりました。

中学生に「2日間戦ってみてどうだった?」と聞いたところ、

「まだ早すぎた、という感じですね。」という返事が返ってきました。

これは妥当な意見だと思います。なんと言っても、大会が初試合でしたからね。

もう一度、基本的なところから確認していきましょう。

高校の方は、予選を一位で通過したこともあって、まあ9分9厘全国は堅いなと思っていた僕にも油断がありました。

まずは全国出場を決めた学校のサポートをしつつ、自分たちの技量を高めていきましょう。

でも、これで演劇部にニマニマされちゃうかなあ。

ディベート部が全国を逃した年って、演劇部が活躍するんですよね。