ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

そういえば


先週の土曜日、ミステリー研究会が活動を開始した。

結局、設立の時には僕が顧問名を書いたのだけれど、いろいろと手を広げていることを考慮してもらったのか、顧問は文芸研究会の顧問もしているM先生がしてくださることになった。

まあ、活動に顔を出さない、文化祭でも展示をしないという約束での顧問だったから、気がとがめると言えばとがめていたのだけれど。

その代わりといっては何だが、今年の高校図書委員会の記念祭のテーマは「乙一」になった。

とはいっても、この作家、読んだことがない。図書館に揃っているので、図書委員に紛れて借りて読もう。
気がつくと「ミラクルロマンス」を歌い上げていた。