ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

関東甲信越大会反省1

まずは東京23区担当者として。

参加校は…

中学 1校

女子聖学院中学校

高校 6校

東海大付属高輪台高校

都立西高校

都立墨田川高校

開成高校

早稲田大学高等学院

女子聖学院高校

中学は昨年は空白地域になっていたので、1増の目標は達成した。

高校は都立江東商業が不参加だったが、都立西と都立墨田川が参加したので、こちらも1増を達成。

参加校に関してはまずまずの成果を挙げることができた。

ただ、多摩地域まで範囲を広げると、中学は八王子市立楢原中が不参加だったので、プラスマイナス0になってしまう。

成績に関しては、中高とも全国出場校が昨年より1減。

高校は予選リーグが終了した時点では、東京勢が8校中5校残っていた。

ところが、決勝トーナメント1回戦でそのうち4校が負けてしまった。

つまり、残り2の全国切符を東京勢、しかも全部23区勢で争うということになってしまった。

うーん、なんとも言えない。

やっぱりベスト4に残れなかったのが痛かった。ここを来年どう克服するかだな。

ちなみにベスト4は創価、慶應、下館一、駿台甲府。

ここが来年のシード校になる。

ということは、くじ次第では、創価、早稲田、開成、女子聖なんてこともあり得るわけで、来年も死のリーグが生まれる可能性は大きい。

今年は元日に女子聖学院のコーチに専念すると宣言したけれど、やっぱり自分のところだけ強くしようとしてもだめだな。

その地区全体の底上げをいかに図っていくか、それを考えよう。