ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

暑い〜!


7月7日に行われる運動会に向けて、今日は高校の総練習。

5・6時間目に体育館に高校生が集まって、各競技を本番通りに通してみる。

うちの体育館はけっこう広い。

バレーコートなら3面とれるし、バスケットコートも2面とれる。

だが、建てたときの体育の教師の強い意向で、バドミントン用に設計されている。

つまり、風が通らない。ここに600人がいると、はっきり言って酸欠状態になりそう。

生徒は走り回っているので、むんむんと熱気を発散する電熱器状態。近寄りたくない。

今年はまだ練習が始まって間もないこともあって、並び順が頭に入っておらず、そのためにかなり時間がかかった。

それでも、昨日の陽気だったらもっと暑かっただろうから、まあまだましだったのかもしれない。

座ってみているだけで痩せそうだった。

競技の方は、さすがに3年生が気合いが入っていた。HRリレーは全部1位を取られてしまった。