ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

「ゲド戦記外伝」ル・グウィン作


「ゲド戦記外伝」


大学3年のころ、当時神奈川県の橋本にあった「おひさま文庫」の石井さんに「ゲド戦記」を紹介された。

あれから20数年になる。その間、アースシーの世界に魅了され続けてきた。

自分を見つめ直すとか、世界の存在だとか、そうしたものについての見方の幾分なりかは、この作品群から影響を受けてきたと思う。

それにしても、オジオンが大地震を沈めたという話には、こんな背景があったのか。

ロークのあの学校は、こんな風にしてできたのか。

大賢人になったゲドが、こんなすごい魔法使いと戦っていたのか。

「とんぼ」と、アズバーとのせつない思いは、珠玉の小編と言っていい。

一編一編に、アースシーの世界を深く知ることができるエピソードが盛り込まれていて、実に楽しい。