ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

ポスターなど

7時から演劇祭実行委員会。

まずはポスター案の検討から。いいのができてきた。

微調整であとは印刷にかかれる。コピーもセンスがあるし。学校に貼っても違和感ない。

オープニングとエンディングの具体案が提示された。

オープニングは9月24日。全団体参加で、各団体のアピールを4分ずつ行う。コントやパフォーマンスもオッケー。

エンディングは10月30日。それぞれの団体のお手伝いをした所が、そこに賞を出す。受けねらいで賞品もプレゼントする。

んで、その賞の出し方でグランプリも決める。面白そう。

次の委員会は9月7日。ギリシャから帰国した次の日だ。

財団の田中さんに、ギリシャ公演のプレビューの場所について相談。

北とぴあ、赤羽、滝野川と中央工学校をあたってくれるという。

明日結果がわかる。