ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

倒れても…

19日、合宿から帰ってきたその足で品川へ。

プリンスホテルにつくとまだ時間があるので、ボーリング場に設置してあるテレビでオリンピックを見て、井上が一本取られるという衝撃映像を目撃。

その後、いつものようにマウナケアでミーティング。Tシャツをもらう。

10時終了。

帰宅してから家を空けている間にあった出来事を連れ合いから聞き、あれこれ話していると四時半に。仕事の残りをしている間に気づいたら寝ている。30分ほどで起こされる。

子どもたちと食事。9時に歯科へ行き、そのまま学校へ出る。

パンフレットの訂正版を印刷。

昼食をとったら、いすに座ってもいられず、人がいないのをいいことに床に寝る。が、生徒が来たのでいすに座り直すが、それでも寝てしまう。

チケットと封筒も印刷して五時半に学校を出る。

6時に高田馬場で村松さん、田辺さんと会ってパンフレットを渡す。

帰って食事。さすがに疲れて10時前に就寝。

大口の寄付が二件。いずれも56回生。ありがとう。なんか56回生にすんごく支えられている。

来週は星野さんも来てくれるというし。なんかうれしくて。