ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

ありがとうございます!

成績会議の日。

あれこれと飛び回っていたのだが、職員室に戻ると一枚のメモ。

昨日、演劇祭に来て下さった方からの伝言だった。

北とぴあでの公演、とてもすばらしかったです。また、何かありましたら、見に行きたいので、ぜひお知らせください。」

そうして、住所と連絡先が書かれていた。

部員たちとしては、ゲネの方が手応えがあったので、かなりへこんでいたのだけれど、それでも、こうして認めて下さった方がいる。

見てくれた人の心に、響くものがあったんだねえ。

今日は、昨日のビデオを見直して、いろいろ話し合ったという。

地区大会では、さらに多くの人と響き合う舞台にして行こう。