ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

ディベートの季節来る。

このところ、ディベートのコーナーへのアクセスを見ると、「死刑廃止」の資料を集めたページへのアクセスが増えている。言うまでもなく、秋季大会の高校の部の論題である。
うちは今秋休みなので活動をしていないが、後期に入ると、準備に入る。夏休みが明けたら入部すると言っていた高1も、そろそろ入ってくれると嬉しいなあと思う。
中3は9月中に論題を聞きにきて、熱心にメモしていた。
そういえば、夫婦別姓に関する資料は公開していなかったっけ。
記念祭での展示の準備も始めなくちゃいけないし。
ディベート甲子園の同窓会の名簿作りも進んでいるようだ。実は係なのだけれど、ギリシャ公演にかかりっきりで全然動けていなかった。ちょっと誰かに依頼して動いてもらわないとつらいかもしれない。
大学の方の大会もいろいろあるし、ディベートの季節tが始まるなあ、としみじみと感じる。