ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

まだまだ。

久しぶりに第一集会室での練習。

みんなが来る前に、目測で教壇を置いて、どのくらい奥が空くかを見てみる。今年は人形立てを使ってパネルを立ててみようかと思う。その方がばらす時に楽。ただし、後ろの通り抜けの時にスペースが必要。それでどの程度スペースがあるかを見ていた。なんとかなりそうだ。

東大寺に注文していたCDが届く。以前二月堂に行って買ったんだけど、中身だけ紛失してしまった。アマゾンなどで検索しても引っ掛からない。どうやら東大寺じゃないと買えないのかも。お水取りの聲明のCD。うちの劇団で発声練習の時にこのテープを使っていたんだよね。今やっている発声練習でもいいんだけどね。線対称や点対称の動きをやる時に、やっぱりこれじゃないと気分が出ない。使うのは記念祭が終わってからだろうけれど。

今日はキャストが揃ったので、途中止めつつ、行ける所まで行ってみる。が、まだ動きをつけていないし、台詞も思い出し思い出しなので、最後まで行き着かない。明日、どれくらいできるかだが。