ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

芝居小屋ほぼ完成。

今日は一日準備の日。朝7時半から集まってカーペット張り。

礼拝に作業着で出させてしまったのだけれど、クレームをいただいた。ごめんなさい。

礼拝後に講師控え室を探したら、ホリ用のライトが出てきた。やれうれしや。

パネル4枚をつないで補強し、表に布を張る。その間に照明のつり込みを始める。おなじみの物干竿サスに4つ、シーリングが一つ。後のパネルに青が3つ。その他にSSを両側に、しかも2灯ずつつけてくれと言う。その他に雷用のライトも欲しいし、百合の花にあてるスポットもつけろと、まあ今までの中で一番注文が多い。

でも、やりましたよ、注文通り。だいぶ悩んだけどね。

昼食の時間になったけれど、そこから音響の仕込み。スピーカーを両サイドの棚の上に乗っける。スピーカーのコードが、思ったより短くてデッキが客席のかぶりつきの所になってしまう。明日コードを買い足しにいかないと。

しかし、アンプを入れたおかげで、ど迫力の音響になった。これはスゴい。もう感動しまくり。

1時から地区大会組の通し。多少カミカミだったけれど、地区大会以来なのだから大目に見ておこう。

通しながら照明の微調整をする。フェーダーが2個ダメになる。また買ってこなくちゃ。

記念祭組をその後通す。うーん、なんかスゴいことになってきた。音と明かりでかなり雰囲気が出てきた。

静子がかなりぶっ飛んできたので、周りが食われ気味。つかさと絵里子が苦戦中。

絵里子は下条アトム風になっているので、あの抑揚を1日に重点稽古で克服させないとな。手元に道具があった方がいい。

つかさは一つの武器ができたので、あれを徹底して生かす方向で持っていこう。

今日は北とぴあ演劇祭のエンディングがあったのだが、急遽、よんどころない事情で帰ることになってしまった。どんなだったかなあ。来年へ向けていろいろと情報交換をしたかったのだけれど。