ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

準備

明日からの展示の準備を進める。僕は演劇部に係っきりなので、まったくのお任せ状態。申し訳ないねえ。

コピーを頼みにきた部員とも、なぜかすれ違い状態でなかなか会えなかった。

ドラえもんディベートのモデルを自分なりに書き直してきた。これがよくできている。今度授業で使わせてもらいたいくらい。

それぞれの仕事の分担表も実に行き届いたものができていた。ということで、任せておいても大丈夫というのは心強い限りです。

中学は夫婦別姓、高校は原子力発電と死刑について展示をしています。ぜひ覗きにきて下さい。BC教室です。