ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

さて、これからどうするか・・・

記念祭が終わると、冬時間になる。部活動は5時が完全下校となる。

活動時間が30分短くなる。

これからの活動で、まず克服しなくてはいけないのは、

「滑舌をより滑らかにすること」

まずはこれだな。まだ高1にはけっこうこの部分で改善が必要な部員が多い。

「どならずに響く声にすること」


これも大切。
こうした基礎練習を意識して増やさないと。

高3送別会の演目決め。


3月の高3送別会の日にちを早く決めて、そこで何を演じるかも決めたい。

できれば自分達で創作したものを演じるのがベスト。

インターネット上のものは避けたい。規制のをやるのなら、きちんと書店から発行されているものをやりたい。

スペシャリストの育成。


照明、音響、舞台監督といった役割でスペシャリストを育てたい。

毎年一から教え直すのはちょっとしんどい。

ルームルーデンスのエデュケーションプログラムに参加するかどうか。


5月に「夜長姫と耳男」でマチネを開放してくれる。

これに応募するかどうか。その後にシアターχでも行うというオプションが考えられる。

来年、新校舎がどうなるかわからない状態で、経験を積む機会を得ることは貴重。57回生の例もあるし。これは高1がやる気かどうかで応募するかどうかが決まる。

ネックは入場料1000円を取ること。

過去に有料公演に参加したことはあるけれど、職員会議で承認されるかだ。

記念祭がどうなるか。


エデュケーションプログラムとも関連するが、記念祭がどうなるかで来年の活動の持って行き方が変わる。チャペルでの公演は避けたいが・・・。

これは現状ではどうにもならない。