ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

「姉妹達」「声」

いろいろとお世話になっている田辺さんのルームルーデンスと、千賀ゆう子さんの公演のお知らせです。

まず今週末に迫っている千賀さんの公演から。わざわざお手紙をいただいた。

チェーホフ東京国際フェスティバル
2004参加作品「姉妹たち The Sisters」


日時:2004年11月12日(金) 19:00開演
   2004年11月13日(土) 14:00開演
19:00開演 
   2004年11月14日(日) 14:00開演

<開場は開演の30分前>

会場:東京/両国シアターX(カイ)

ポーランドの実験的演劇の演出家アンジェイ・サドフスキと!
5人だけの日本女優との決戦!!!

「圧力釜のようにエネルギーを集中させ、高揚、絶望、挫折の物語が形成される。
辛らつなユーモアと詩情ある力強さで、チェーホフ劇の女たちの関係のエッセンスを提示する。
劇画的な人物描写によって、催眠術にかかったようなテンションで、このチェーホフへのオマージュは演じられる。
この催眠術は万人に効く。
特にチェーホフ嫌いの人に。」


原作:アントン・チェーホフ
構成/脚本/演出:アンジェイ・サドフスキ
演出補/美術:カーシャ・デシュツ
出演:新井純、千賀ゆう子、村岡尚子、五月女ナオミ、木下祐子

企画/製作:シアターX(カイ)
協力:千賀ゆう子ユニット

料金:前売…3,000円 当日…3,500円 学生…2,000円(全席自由)

チケット取扱/お問合せ先:シアターX(カイ)
 Tel: 03-5624-1181 Fax: 03-5624-1155
 URL: http://www.theaterx.jp/
 e-mai: info@theaterx.jp

ぜひ生徒に見せたい。「木曜組曲」で5人の女性の心理劇に挑戦しただけに、「大人の女性」の芝居というものを見てみるのはいい勉強になると思う。13日の2時からの回なら、生徒たちも行ける子はいるんじゃないかなあ。1000円補助してあげてもいいし。

次はルームルーデンス。

第11回BeSeTo演劇祭参加作品ろう女優今野真智子によるジャン・コクトー「声」La voix humain


原作:ジャン・コクトー

演出:田辺久弥

照明:橋本剛

作曲:亀岡夏海

出演:今野真智子

   大根田真人

   棟方絵夢

制作:村松真理子

   渡部朋子

2004.11.19 18.30

   11.20 16.30

カンパ制 ¥1.000

チケット予約 

下記アドレスに御名前・観覧希望日時・

枚数を明記の上ご送信下さい。確認のメールを

ご返信の上予約を承ります

E-mail staff@rudence.com

会場 早稲田大学大隈講堂裏劇研アトリエ

亀岡さんやら、橋本さんやら、ギリシャ公演でお世話になった皆さんもスタッフの上に、制作にうちの卒業生の渡部さんが関わっているとなれば、行かずばなるまい。

田辺さんはいつの間にかBLOGを始めてたのね。

徒然ブログ(暴言勘弁!)文責放棄...