ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

召還されました。

研究日である。一日家で仕事をするのである。

しかし、どうしても学校に行ってやらねばならぬ仕事ができたため、午後から学校に出る。

生徒に会わないように国語科室に鍵をかけて、せっせと仕事をしておったのだが、高3のsさんに見つかってしまった。

「学校に出てきているなら部活に出て下さい。」

「やらなきゃいけない仕事があるんですが。」

「仕事と部活とどっちが大切なんですか。」

「(きっぱりと)仕事です。」

「そんなこと言ってないで出て下さい。」(僕の意思は無視なのね…)

ということで、部活につき合いました。

資料を見たいというので、ウェブサイトに上げている死刑廃止の資料を見ようとしたら、ありゃりゃ、debateのリンクが切れている。

どうした具合なのだろうか。仕方がないので、ローカルでファイルを開いてプリント。

ついでに北海道支部の資料集に飛んで、肯定側、否定側の資料をプリント。

リンクマップを書いて、メリット・デメリットの検討。

肯定側は3つほど候補を絞り込む。

否定側のデメリットが決定打となるものがない。

固有性の点で弱いものばかり。ここをどうするかだなあ。