ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

ルームルーデンス「声」

学校の図書館で本を漁っていたら、「ジャン・コクトー全集」を見つける。
「声」載っているではないですか。
部員たちにもコピーして配る。モノローグの芝居なんだ。電話を使っての芝居。
でも、ろう者の役者さんが演じるんだよね。どうやるんだろう。
それだけでも何だかドキドキするぞ。

第11回BeSeTo演劇祭参加作品ろう女優今野真智子によるジャン・コクトー「声」La voix humain


原作:ジャン・コクトー

演出:田辺久弥

照明:橋本剛

作曲:亀岡夏海

出演:今野真智子

   大根田真人

   棟方絵夢

制作:村松真理子

   渡部朋子

2004.11.19 18.30

   11.20 16.30

カンパ制 ¥1.000

チケット予約 

下記アドレスに御名前・観覧希望日時・

枚数を明記の上ご送信下さい。確認のメールを

ご返信の上予約を承ります

E-mail staff@rudence.com

会場 早稲田大学大隈講堂裏劇研アトリエ