ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

捌く。

仕事が怒濤のように押し寄せてくる。
それを淡々と捌く。
学級通信の発行。
秋季大会参加校へのファックスでの連絡。
秋季大会の諸々の準備。
荷物の発送。
保護者会。
ディベート同好会の指導。

と、ここまではタイトではあったがなんとかこなした。

残りはこれから。
さて、コーヒーでもいれて、リフレッシュしたらもうひと頑張りだな。