ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

あらすじ…

演劇部のウェブサイトのログインパスワードをなくしちゃったんだけれど、やっと発見。トップページとメンバーの誤字を訂正。

研究日だったが学校に出た。高2にあったので、送別会の準備の進み具合を聞く。

「お月さま」の時のように、みんなで意見を出し合って、あらすじを作るのだが、なかなかアイデアが出てこないという。

「お月さま」の時とおなじように、ということは、あらすじを作った後は、僕が脚本に起こすということですか。そうですか、そうですか。

高3とも会う。「声」の様子など話をする。サロメのことに関して、話をしたりもする。いろいろ考えているのね。