ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

フリーマインド0.8a

マインドマップを作りながら、フリーソフトでマックで使えるもの、というのもダウンロードしてみた。

一つがフリーマインド。もう一つがマイマインド(ドネーションウェア)。

どっちも試しては見たが、もう一つ使い心地がよくない。手書きみたいに個性が出ない(イラストが書き込めない)し、英語だし。

と思っていたら、フリーマインドは日本語化が簡単にできることが判明。

こちらでマックで使う場合のカスタマイズ方法が載っていた。

おお、簡単簡単。

さらにノードをクリックしておいてコントロールキーをクリックすると、編集用の窓が開いて、いろいろとできることが判明。

なので、手書きで作っていた脚本のマインドマップをフリーマインドで作ってみた。

けっこう簡単にできる。

まだ、いろいろとチップスがありそうだなと思っていたら、

日本語情報ポータルサイトがあることを発見。

おまけにバージョン0.8aなんてのをダウンロードできる。

これだと、新しいノードをタブをクリックするだけで作れて便利。

ということで、1月からの授業のアイデアをだーっと書き出してマップを作ってみた。

をを、すばらすぃー。

フリーマインドに関するはここが労作を紹介している。

マイマインドは、ドラッグすれば簡単にノードが動いてくれるので、その点はいいかも。ただ、まだあまり遊んでないので詳細はわかっていない。