ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

余波

午前中、家族で立川に買い物に出かける。長男のリクエストで今年もターキーを焼くことになったのだ。

最初、二手に分かれて、伊勢丹と高島屋へ。僕は次男と三男をつれて高島屋へ。食品売り場に行ったが、ターキーはなし。比内地鶏と「阿波尾鶏」というのがあった。後者は「あわおどり」と読ませるのだろうか。尾長鶏が有名なんだよね、たしか。

伊勢丹は二キロ弱で4200円もするというので、前に下見に来て、ターキーが山積みされていたというルミネの成城石井へ行く。ところが売り切れてしまっている。

だめもとでルミネの食品売り場へ行くと、あった。しかも大きさに関わらず2980円。なので3.6キロのものを買う。

その後南口の方へ回って、アメリカンファーマシーが20%引きセールを今日から初めているので、あれこれ物色する。

食事は立川中華街でとる。

その後、ぼくだけ荷物を抱えて帰宅。4時から支部会。

15件ほどあれこれと話し合いをしながら検討していく。

僕がやることをメモしておくと…

1 3月21日の論題検討会の会場確保。
2 春季大会(3月26日、27日)の会場確保。候補の学校への連絡。
3 夏季大会(7月17日、18日)の会場確保。候補の学校への連絡。
4 支部ウェブサイトの引き継ぎについての連絡。

こんなところかな。

さて、支部会の席で、何度か「常任理事会で決定したんだけれど…」という発言があった。

「いつあったの?」と聞くと「先週ですよ!」だって。

どうやらメールアドレスが変わったので、メーリングリストのメールが流れていなかったみたい。

そういえば、JDAメーリングリストも来てないや。

ルールが大幅に変わったと言うし、色々とこれから支部のサイトにも載せなくちゃいけないことが出てきている。

ここんところ、随分暇だなあと思っていたのは、勘違いだったということが判明。やっぱり忙しいや。