ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

エピローグじゃなくてプロローグ

昨日のエントリーで、脚本がエピローグの途中までいった、なんて書いたけれど、「プロローグ」の間違いです。なので、昨日はほとんど進んでいないってこと。

今日は、午前中集中して書いたので、けっこう進みました。8つのプロットに分けているのだけれど、3/8は書けた。午後もけっこう書けた。半分まで来たかな。

3時過ぎに、立川に映画を見に行った連れ合いから電話。服を買うので体をもってこいと言う。一緒に留守番をしていた長男とバスで立川へ。途中渋滞していて、1時間でつかなかった。

スーツとジャケットを買う。くたびれ果てている次男と三男を連れ、一足先に帰宅。

夜は「インディージョーンズ、失われたアーク」をビデオで見る。何度見ても、面白いね。

ケルビムがどんな形なのか、よくわかった。