ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

プロであること。

いつものように、朝マンダラート手帖にtodoを書き出す。

なんと5つのセルが埋まる。やばい。

have toだけでこれだけあると、その合間に、やりたいなと思ったことを入れてしまうと、かなりの確率で破綻する。

さらに学校に出てから新たに出てくる仕事もある。

ということで、かなり忙しい予感。

もっとも今日は一日模擬テストなので、始まりと終わりに問題を配って、回収すれば、あとの時間はかなり自由に使える。

ということで、朝のうちからhave toを中心に仕事を上げていく。

しかし、案の定、学校に行ってから仕事が4つ降ってくる。これで9つのセル全部が埋まった。もうフルパワーでやるしかない。

コンピュータから打ち出す仕事をまとめ、印刷関係は一度に済ませる。

伸ばし伸ばしにしていた事務処理が3つ。細かい仕事で時間を取られる。

あっという間に終礼の時間。夢に見たように忘れちゃいけないと、席替えのくじ引きを用意。

放課後、一番大きな事務仕事が、相手の都合でできないことが判明。

冬休み最後の日も、そのせいで一日無駄足を踏まされた。こっちも神経削ってやっている仕事。いろいろ言い訳はあるだろうが、やはりプロならその前段階をきちっとして欲しい。なぜ、連絡をしてこないのか。

相手の誠意を疑う。それでも、次善の策を講じて、できるところから粛々とすすめる。気がつけば5時半。

生徒はすでに下校している。ディベート同好会の中三の子達が活動していたのだが、見てやれなかった。

さて、あと仕事は3つ。

明日までにどうしても仕上げる必要があるものが1つ。あとは明日に回しても間に合う。

ということで、あと30分仕事をしたら帰ろう。