ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

キャスト決定!

演劇部送別会のキャスティング。毎度のことだが、みんなすごい緊張している。

僕はどのセリフをオーディションで読むのかを決めるのと、相手役がいる場合に脚本を読む係。

今回はキャストは6人。部員はキャストを辞退した者が二人いるので、7人で競うことになる。

順番にオーディションは進む。やってみると、それぞれの特徴が見えて興味深い。どの役でも自分の色を前面に押し出す子や、それぞれの役に合わせて自分の方も変えようと工夫する子など、それぞれの性格も見えてくる。

僕も投票をしたが、面白かったのは、二つのキャストでトップを取った部員が、片方は前の芝居とキャラがかぶるから、とあえて別の役を選んだこと。

そのままなら楽なのに、あえて違う役を選んで、さらにチャレンジしてみようという心意気や、良し。

さて、これからどう展開していくのか。

音響もけっこう遊べる芝居だし、演出を兼ねる照明の子の活躍と合わせて楽しみ。