ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

キゲンが悪いんじゃあないんだな。

具合が悪いだけなのよ。
朝、連れ合いに「うなってたけれど大丈夫?」と聞かれた。
足におもりをつけられて、青ーい海の中をどこまでもどこまでも沈んでいく夢を見ただけ。うん、それだけ。
その前は、カソリックの教会で悪魔払いを受けてる夢だった。長ーい棒でグリグリグリグリ脇腹をえぐられ続ける夢。
ま、風邪ひいてて体調不良ということもあるけどね。次男が湯たんぽ代わりに僕のお腹に両足を乗っけて寝るのが原因でしょう。

部長も今日は欠席だった。副部長は首が回らないというし。

それでもチャペルでの稽古なので、部長以外はみんな出席。

T條さん、あなたの動きは危なすぎます。脚本よりおもしろいぞ。問題は、二度と再現できないという点ね。相手もリアクションのしようがないからねえ。まあ、脚本通りにやって下さい。

卒業生からメール。ルームルーデンスのチラシとチケットができたので持ってきたいとのこと。明日が一番都合がいいのですが。

来週は中学入試週間。ということで、会う暇もないのですよ。