ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

マインドマップ三昧

やるとなったらとことんやるさ。ということで、せっかくマインドマップを教えたので、活用できる所では徹底して活用してやろうというキャンペーン実施中。

文学史の古典篇が終わったので、中古、中世、近世にわけて年表をマインドマップ化させてみる。年表というのも立派なマインドマップだとは思うのだけれど、自分で作り直してみる所に意義がある。

今日提出された中にこんなのがあった。

cover

すばらしい。西行の「山家集」に桜の木。「願わくは花の下にて春死なん」の歌が浮かび上がってくる。

清少納言で枕、鏡物で鏡。イラストが記憶を上手に助けてくれるように配置されている。梨「壺」なので、壺の絵というのもユーモアがあっていい。

入試休み明けには、どんな力作が提出されるか、楽しみだ。