ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

新年会!

 6時から常任理事会。第10回大会も近いので、あれこれ協議事項があったのだけれど、残念ながら、現時点でここに書けるような話はなし。

 終わった後で三州屋に行って新年会。二杉さん、青木さん、鈴木さん、藤川さん、工藤さんと飲む。

 青木さんに、ブログのでデザインをほめられる。嬉しいな。青木さんは三州屋に来たのは初めてということで、しきりに感心しながら料理を食べていた。ここの魚料理は本当においしい。突き出しで出てきたホタテの煮物もうまかった。刺身の盛り合わせも、下に敷いてある海藻までうまかった。そして、特筆大書すべきは「あら煮」。2種類頼んだ。銀むつとぶり。もう、絶品ですぜ、旦那。

 青木さんには岡山さんのブログに毎日のように登場する「あひこ」がどんなお店かも教えていただいた。みんなでひとしきり岡山さんネタで盛り上がる。

 さらに話は熱川のディベート合宿にさかのぼったりする。そういう話をしていると、工藤君がまだ20代半ばということにふと気がついたりする。

 彼は明日、佐賀大学で行われるディベート大会に出かけるという。まったくタフだよねえ。

 ディベート甲子園を全国で分散開催しようとか、酔っぱらってわけ分からない話をひとしきりしたりする。

 なごやかな、いいお酒でした。10時で追い出されて帰宅。