ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

デッドスペースの解消

 入試終了。1、2、3、5日と4回の入試を実施した。受験者数は去年とほぼ同じかな。特に入試委員の皆さん、お疲れさまでした。

 午後、時間が出来たので、机の周りを整理する。

 まず右側に置いていたゴミ箱を左に移動。ゴミ箱を置いていたために、右側の一番したの大きな引き出しが使えなくなっていた。

 次に、その大きな引き出しの中身を選別。元々山根式袋ファイルを愛用していたのだけれど、この所そのルールが崩れてきていて、しっちゃかめっちゃかになっていた。

 中身を見て、いらないものはどんどん捨てる。ディベート甲子園の過去の大会報告とか、今すぐには必要ない物は、左側の再度ディスクの大きな引き出しに移動。バンバン捨てると、右側の引き出しの半分程度が空く。ここに、机上に並べていたすぐアクセスするものを移す。たとえば学級通信のファイル、礼拝記録カード、国語か会議のノートなどなど。やっぱり超整理法の袋ファイルのルールでいくことにする。

 机の上の右側に積まれていた紙の山も整理したおかげで消えた。

 ここに左側に置いていたペン立てを戻す。これでスムーズに使えるようになった。

 なんでこんなことを始めたかと言うと、shioさんの日記に触発される所が大きい。読んでためになるし、元気が出てきます。

 さて、机の上が片付いた所で、たまっていた小テストの記入だとか、細々した事務処理をこなす。あーすっきりした。

 これで来週からの授業も、気合いを入れ直して取り組めるぞ。各クラスとも現代文が5時間に、文学史が2時間。高2の最後を充実した授業でしめくくるぞ!