ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

父と暮らせば

1時間目からチャペルで父と暮らせばを見る。

あの原田芳雄が、すっかりいいお父さんになってしまった。印象に残っているのは「スローなブギにしてくれ」とか、「独眼竜正宗」の最上義光なんかなんだが。こんな風に人は年を取っていくのね、としみじみする。

それにしても、うちのチャペルは残響がひどい。演奏会にはいいけれど、芝居や映画には向いていないなと実感。

作品は非常に良かったのだが、最初の方、声が割れてしまってよく聞き取れなかった。「たぶんこういうことだろう」ということで、推測しながら見ていた。

広島に原爆が投下されてから3年。図書館で働く美津江は、自分が生き残った自責の念に苦しみつつ、ひっそりと暮らしている。

そんな美津江が原爆の調査にきた木下にときめきを覚える。

その思いが、死んだ父親竹造をよみがえらせる「お前の応援団長だ」という竹造は、あの手この手で美津江のかたくなな心を解きほぐし、生きることへと目を向けさせようとする。

そんな親子の4日間のやりとりが描かれる。

りえちゃん、すっかりいい女優さんになりましたねえ。いい演技してます。

でも、これはやはり舞台の本だね。舞台で見たい。そう思った。

2.11反対特別授業の一環。このあと、与那覇百子さんの講演を伺う。

戦争と平和について、学んだ3時間だった。