ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

公演情報2月10日

11時に文化座のSさんが来校。25日から紀伊國屋サザンシアターで行われる「二人の老女の伝説」のご紹介をいただく。

脚本・詞・演出 福田善之

出演 

佐々木愛 新井純(フリー) 峰岸徹アクトレインクラブ
 
前田昌明(新人会) 田谷淳(木山事務所)

伊藤勉 津田二朗 青木和宣 田村智明 鳴海宏明 

佐藤哲也 橘憲一郎 米山実 小野豊 沖永正志 白幡大介

後藤晋 中村公平

高村尚枝 浅野文代 岩崎純子 五十嵐雅子 小谷佳加 

前田海帆 高橋美沙 瀧澤まどか 青山真利子

小林悠記子 長束直子 姫地実加

スタッフ

作曲・音楽監督=古賀義弥 振付=土居甫・渡辺美津子 

美術=石井みつる 衣裳=料治真弓・広野洋子 照明=森脇清治

音響=小山田昭 作詞補=宮原芽映 演出補=福原圭一 

舞台監督=大山慎一 制作=中山博実

公演期間 2005年2月25日(金)〜3月6日(日)

会場 紀伊國屋サザンシアター(新宿南口)

文化座は田端に本拠を置く老舗の劇団。地元ということで今回声をかけて下さった。ありがとうございます。

伊藤先生の京華女子とは交流を続けていらっしゃるそうで、いただいた文化座の機関誌を見ると、「田端文士村シリーズ」というのも続けているみたい。田端文士村は、女子聖学院の国語科の大先輩で、校長も務められた内藤先生がライフワークとして研究されていた。

 今回の脚本・演出の福田善之さんは、春風ひとみさんともよく組まれるそうだ。春風さんと言えば、うちの卒業生。在学中に宝塚を受けて合格し、向こうへ行かれたので高校は卒業していないけれどね。

 やはり地元だけにご縁を感じた。

 「二人の老女の伝説」には、新井純さんが出演。去年千賀さんの「姉妹たち」にも出演されていた。時期的にちょっと辛いけれど、ぜひ高1には見せたい。

 五人以上だと団体割引になると言うし、時間が余っているようなら高三にも声をかけてみるか。

大正直劇団から公演のお知らせをいただく。

大正直劇団第十六回公演

お茶と拷問 〜Torture&Tea〜

異国の地で

あらぬ嫌疑をかけられて

拘束される俺

取り調べ→尋問→拷問

人間の尊厳に始まり、時間感覚

記憶 感情など次々に奪われ

代わりにたっぷり与えられる

恐怖と苦痛

肉体の限界と精神の崩壊の足音

夜な夜な忍びよる美女達

そしてほのかに香るは

お茶の香り

世界規模で悪い方悪い方へと向かう世の中に提示する
グローバルスタンダードの裏側

作・演出 串田杢弥

出演   山本直樹 佐武令子(サイマル演劇団)

     澤山佳小里(テアトルエコー) 串田杢弥 他 

場所 スタジオアルスノーヴァ

JR阿佐ヶ谷駅南口徒歩5分  

日程2月18日(金)〜27日(日)

日時指定券 2300円   無指定前売券 2400円   当日券 2500円

チケットのお申し込み/お問い合せは劇団まで

TEL&FAX 0424-41-1981

3名まで招待というご案内をいただきました。ありがとうございます。