ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

PDFファイルをいじる。

昨年、一番の衝撃は、マンダラート手帖が販売中止になったことだった。毎日の生活をアナライズしてきた手帖のリフィルがなくなってしまう。

幸い以前にかなりの量を買い置きしておいたので、すぐにどうこうということはなかったが、それでもこの一年、どうしようかと悩んできた。


方法1 パームを買って、パーム版のマンダラートに移行する。
今泉氏はこの方法を推奨している。しかし、パーム本体+マンダラートソフトの金額がけっこうかかる。
方法2 マック版マンダラートだけでやっていく。
ノートパソコンを持ち歩いたとしても、いつでも見るということはできなくなる。しかも印刷が現状でできない。
方法3 以前の超整理手帳に戻る。
それなりに使い方はわかっているので、まあストレスはそれほどないか。

ということで、現在超整理手帳に戻している。ただ、やっぱり3×3のマス目に考えを展開していくやり方が身に付いているので、それは使いたい。それで、野口悠紀雄onlineの公式リフィル&シートからtodoシートをダウンロードし、3×3になるように線を引いて使うことにした。

ダウンロードしたファイルをAppleworksで開く。PDFファイルでも開けるんだね。優秀優秀。

表作成でtodoの枠に合わせて3×3のマス目を載せる。

プリントアウト。

著作権の問題とかありそうだから、公開はしませんけれど。今泉さんには報告しておかないといけないかな。