ディベート×演劇

「子どもらが 自分の場だと 思う所に 花が咲く」(徳村彰)を、学校現場で目指します。

間に合うのかなあ。

56回生で、演劇部で唯一人理系だったN井さんが来校。
ディベート部だったT木さんと待ち合わせているとか。

元気そうで何より。随分勉強しているようで、さすがと思う。

4月までこっちにいるというので、ルーデンスの「道成寺」のチケットを一枚あげる約束をする。

文化座の「二人の老婆の物語」だが、進路が確定した高三にも声をかけてみる。五人集まれば2100円にしてくれるというのでなんとか集めたい。

午後、集めたマインドマップをスキャナーで取り込んだりしていて、見に行ったのが2時頃。高1が4人で動きの確認をしている。

高2には今日やることがうまく伝わらなかったらしい。しかも高2は2人休みだったし。おまけに2時半で二人が帰るというので、そこで今日はお開き。

来週は火曜日から高2はテスト一週間前に入るが、昼練をいれないと間に合わないか。

今日来たN井さんも、16日は見に来てくれると言うし、頑張らないとなー。
高2は修学旅行、台本必携ね。